ブログ


12月4日「主の愛によって」

 先週の礼拝には長野県から海野紀美子先生をお招きして特別賛美をささげていただきました。さらに、西教会の方々の証に加えて、同じく長野からいらっしゃった高木さんも信仰の歩みを証ししてくださいました。  礼拝後、鈴木さんの料亭 …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 12月4日「主の愛によって」 はコメントを受け付けていません

11月27日「キリストの香り」

 先週の火曜日、テホ先生と平川めぐみ教会の中村先生と3人で仙台に行ってきました。  テホ先生は「日本のピザはピザではない。」と仰っていたので、「彼にコストコでアメリカのピザを食べさせてあげたい。」これが仙台行きの目的でし …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 11月27日「キリストの香り」 はコメントを受け付けていません

11月20日「Not religion but love」

 CCMN(セルチャーチ・ミッション・ネットワーク)のサミットがマレーシアで開かれ、300人近い人たちが参加しました。テーマはNot religion but love。その意味は、「宗教ではなく愛」です。  日々、メデ …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 11月20日「Not religion but love」 はコメントを受け付けていません

11月13日「御手の中」

 もう11月も第二週!余りの月日の速さに目が回ってしまいそうです。昼、ウトウトするからでしょうか、相変わらず眠れない日が続きます。そんな中、孔子の次の言葉が浮かんできてますます眠れなくなりました。そんな中、孔子の「子日く …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 11月13日「御手の中」 はコメントを受け付けていません

11月6日「御言葉とともに」

 先日、子どもたちのピアノの発表会がありました。 出番が近づくにつれて、子どもたちが「ドキドキする。」「緊張する。」と口々に伝えてくれました。息子は妻と一緒にお祈りをしていました。多くの人の前で発表をしたり、ミスができな …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 11月6日「御言葉とともに」 はコメントを受け付けていません

10月30日「アーメン!」

 先日、東奥義塾の朝の礼拝でメッセージを語り終わって「アーメン」と締めくくると、いつもは聞こえてこない「アーメン!」の大きな声が聞こえてきました。私は嬉しくて、「今日はとても『アーメン』が大きくて、すごく嬉しいです。」と …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 10月30日「アーメン!」 はコメントを受け付けていません

10月23日「待つこと」

 会堂に86インチの大型モニターが設置されました。これまで、暗所で使うプロジェクターを用いて礼拝のための賛美や聖書をスライドで映していましたが、光が弱く、明るい会堂の窓にスクリーンを下ろして暗くしていました。それでも、見 …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 10月23日「待つこと」 はコメントを受け付けていません

10月16日「神にとっての当たり前」

 先日、平川めぐみ教会の中村宣教師の家に、テホ先生ご家族と私たちの家族で訪問し、楽しい交わりと賛美の時を持ちました。  大阪にいたとき、それぞれの教会に若者が少ない、という意見を多数聞いていたこともあって、「では、若者た …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 10月16日「神にとっての当たり前」 はコメントを受け付けていません

10月9日「神の家族のスタート」

 先週は、本当に久しぶりの、三年ぶりに聖餐式を執り行いました。また、新しい時に向けての教会の歩みを感謝しました。見える形での「主の贖いを」味わうことが出来ることは、言葉に尽くせない熱い思いが溢れてきます。  イエス様がわ …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 10月9日「神の家族のスタート」 はコメントを受け付けていません

10月2日「抑圧からの解放」

 先週、東奥義塾の授業に行くと、生徒たちはいつも以上にはしゃいでいました。何かいいことでもあったんだろうかと疑うほどです。グループに分かれて話し合っているとき、聞いてみました。「楽しそうだけど、何か良いことでもあったの? …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 10月2日「抑圧からの解放」 はコメントを受け付けていません

9月25日「共にいる慰め主」

 関西に住んでいた頃、「なかやまきんに君」という芸人が大好きになりました。筋肉留学と称し、カリフォルニアで学び、帰国してから仕事が激減しました。その彼が、最近、吉本とのマネージメント契約を解除して話題になりました。今、彼 …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 9月25日「共にいる慰め主」 はコメントを受け付けていません

9月18日「信仰の友」

先週、2019年12月からコロナの影響で延期されていた青森コーチングが約三年ぶりに西教会で開催されました。岩手から、青森市から、そしてアスリート・チャーチの方々も、とたくさんのご参加がありました。  何よりも、久しぶりの …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 9月18日「信仰の友」 はコメントを受け付けていません

9月11日「ラッキーセブン」

 9月6日に、何と喜寿を迎えてしまいました。「77歳」(ラッキー7が二つ!)考えてもみなかった未知の「喜び」の世界に突入です。誰もが、年月を重ねると通過する年齢ですが!実感は全くありません。「いい年だ!」とは思いますが、 …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 9月11日「ラッキーセブン」 はコメントを受け付けていません

9月4日「若いうちに主を知る」

 先週の木曜日、聖愛中高から高校3年生の方々が教会を訪問してくださいました。キリスト教教育デーということです。  石川先生から話を聞くと、以前は掃除などをしてもらっていたそうです。今回も宗教主事からそのようなご提案があり …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 9月4日「若いうちに主を知る」 はコメントを受け付けていません

8月28日「放棄しない神」

 聖書の御言葉を取り次ぐ時、我が身を振り返ってみることがとても多いのです。ジーン・マリー・スタインという心理学者は、「人には、その人もまだ知らない能力が眠っています。そのすべてを合わせると、現在の500%以上成長できます …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 8月28日「放棄しない神」 はコメントを受け付けていません

8月21日「戦がなくても」

 中学生の頃、スタジオジブリの「火垂るの墓」を学校で観ました。敗戦を覚える今、子どもたちと観ることにしました。  30年近く前に観た映画ということもあり、印象もだいぶ異なりました。戦争の悲惨さや、人を狂わせる酷さは相変わ …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 8月21日「戦がなくても」 はコメントを受け付けていません

8月14日「裁きではなく、愛で」

 LGBTという言葉を聞いたことがあると思います。これは、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、の人たちの頭文字を並べたものです。この4種類の人たちという意味ではなく、「異性を愛することや、体の性別を生 …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 8月14日「裁きではなく、愛で」 はコメントを受け付けていません

8月7日「継承するもの」

 かなり前から子どもたちが青森市のラーメン店「きた倉」に行きたいと言っていました。夏休みに入ったこともあり、子どもたちを連れて青森にドライブに行き、昼は「きた倉」に入りました。  娘は「煮干し中華」、息子は「濃厚煮干し塩 …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 8月7日「継承するもの」 はコメントを受け付けていません

7月31日「御言葉に従う」

 娘がねぷたの絵を描くワークショップに独りで行きました。小さい時から、何をするにも家族や誰かと一緒だったことがほとんどでした。今回も、何度も聞き直しました。「本当に独りで行くの?」と。  お昼ごはんのお弁当を持って出かけ …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 7月31日「御言葉に従う」 はコメントを受け付けていません

7月24日「神の家族」

 当たり前のことですが、ひとり暮らしをしている時、家に帰っても誰もいませんでした。一応、誰に伝えるでもなく、「ただいま」と声に出したりしていましたが、虚しく響くだけでした。  神学校で学んでいる時は学校の近くに住んでいた …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 7月24日「神の家族」 はコメントを受け付けていません