ブログ


8月14日「裁きではなく、愛で」

 LGBTという言葉を聞いたことがあると思います。これは、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、の人たちの頭文字を並べたものです。この4種類の人たちという意味ではなく、「異性を愛することや、体の性別を生 …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 8月14日「裁きではなく、愛で」 はコメントを受け付けていません

8月7日「継承するもの」

 かなり前から子どもたちが青森市のラーメン店「きた倉」に行きたいと言っていました。夏休みに入ったこともあり、子どもたちを連れて青森にドライブに行き、昼は「きた倉」に入りました。  娘は「煮干し中華」、息子は「濃厚煮干し塩 …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 8月7日「継承するもの」 はコメントを受け付けていません

7月31日「御言葉に従う」

 娘がねぷたの絵を描くワークショップに独りで行きました。小さい時から、何をするにも家族や誰かと一緒だったことがほとんどでした。今回も、何度も聞き直しました。「本当に独りで行くの?」と。  お昼ごはんのお弁当を持って出かけ …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 7月31日「御言葉に従う」 はコメントを受け付けていません

7月24日「神の家族」

 当たり前のことですが、ひとり暮らしをしている時、家に帰っても誰もいませんでした。一応、誰に伝えるでもなく、「ただいま」と声に出したりしていましたが、虚しく響くだけでした。  神学校で学んでいる時は学校の近くに住んでいた …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 7月24日「神の家族」 はコメントを受け付けていません

7月17日「寄り添うこと」

 先週の水曜日、東奥義塾の聖書科授業に行ってまいりました。1年生を担当するのは初めてでしたが、救いの証しと牧師になった召命について話をしました。  若い頃の失敗談を笑って話せるようになることはとても大きな変化です。何か悪 …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 7月17日「寄り添うこと」 はコメントを受け付けていません

7月10日「御言葉に養われる」

 最近、午後5時を過ぎて天気のいい日は、外の椅子に座り聖書を読んでいます。庭の花を見、風に吹かれて読むと、今までよりは静かにゆっくりみ言葉が心に沁みてくるような気がします。  考えてみると、聖書を読むということは、わたし …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 7月10日「御言葉に養われる」 はコメントを受け付けていません

7月3日「キリストの香り」

 先週の火曜日、ジョイフルの方々が私たち夫婦を招いてくださいました。共に祈りを合わせ、その後に素晴らしい手料理をみんなで囲みながら、たくさんのことを分かち合いました。  馴れ馴れしく、横柄な態度で、辛口のジョークだと思っ …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 7月3日「キリストの香り」 はコメントを受け付けていません

6月26日「新しいこと」

 今週から水曜の朝の祈祷会が午前10時からになります。というのも、東奥義塾の授業を水曜日の午後も4時間持つことになったからです。  2015年から東奥義塾に導かれ、苦悩の中で何度も主に助けていただきました。もう7年も経っ …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 6月26日「新しいこと」 はコメントを受け付けていません

6月19日「青森コーチング再会へ」

 先週は岩手の陸前高田から小手川宣教師ご夫妻(トモくん、ヒーたん)が生まれたばかりの助喜(たすき)くんを連れてきてくれました。毎日、12時近くまで話し合ったり、遊んだりして過ごしましたが、子どもたちは元気いっぱいで、私た …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 6月19日「青森コーチング再会へ」 はコメントを受け付けていません

6月12日「ただ信仰によって」

 先週の礼拝後、聖霊が与えられた記念すべき時に、浪岡教会と弘前西教会のみんなで手をつないで「御手の中で」を賛美しました。そこに聖霊の臨在があり、まさに天国のようでした。  弘前西教会と浪岡教会の歩みを振り返る中で、康先生 …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 6月12日「ただ信仰によって」 はコメントを受け付けていません

6月5日「支えと祈り」

 今日のペンテコステ記念礼拝は康伝道師の弘前西教会の担任教師辞任の記念説教となります。弘前に、教団紛争で教師籍もないまま、私と妻は実家の茂森町で、両親に助けられつつ伝道を開始しました。早いもので48年になります。無謀と言 …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 6月5日「支えと祈り」 はコメントを受け付けていません

5月29日「不変の真理」

 先週、「イスラエルはなぜ尖る?ーアメリカよりも振り切った国民性」というテレ東Bizの特集を見ました。イスラエルはハイテク関連のスタートアップ企業が多く、世界最大の市場であるナスダックでは第三位に位置しています。どうして …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 5月29日「不変の真理」 はコメントを受け付けていません

5月22日「共に歩む喜び」

 先月、献堂式を終えられた平川めぐみ教会に立ち寄ってきました。ペニー宣教師と話していると、同じ同志社の卒業であることが分かりました。在学中、ペニー先生は社会学部に籍を置きつつ、神学部にも授業を聴講に来ていたというのです。 …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 5月22日「共に歩む喜び」 はコメントを受け付けていません

5月15日「想像を超えて」

 先日、秋田コーチング・ネットワークが久しぶりにオフラインで行われました。秋田県はコロナに関して厳しい、という噂もチラホラ聞こえる中で、隣に付属の幼稚園がある脇本教会で行われたことに驚きを覚えました。  私は講師として参 …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 5月15日「想像を超えて」 はコメントを受け付けていません

5月8日「心の雑草」

 教会堂前の薔薇園と小さな畑が、本格的な春の訪れを告げてえいます。3メートル近い積雪による枝折れが心配された薔薇でした。雪が解けた後、見るも無残な姿を現しました。根のほうから見事に折れている木を見て、正直「もうダメかな⁉ …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 5月8日「心の雑草」 はコメントを受け付けていません

5月1日「神の家族」

 イースターの礼拝で素晴らしい歌声を主にささげてくださった海野紀美子先生からお便りが来ました。久しぶりに教会で賛美できた喜びが溢れておられる文面でしたが、中でも「神の家族」であることを強く感じられたとのことでした。  2 …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 5月1日「神の家族」 はコメントを受け付けていません

4月24日「キリストの体」

 先週、ブラジルに住んでいた石川牧師の姉、道子おばさんが名古屋に住む娘さんと一緒に訪ねてきてくださいました。  娘さんが「うちの教会に来たことがあったんですよね?」と仰ったので、一生懸命に頭を振り絞りましたが、記憶にあり …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 4月24日「キリストの体」 はコメントを受け付けていません

4月17日「蘇りの奇蹟」

 信徒の友4月号はイースター特集でした。そこに原稿を依頼され、掲載していただきました。  死者の復活、それもよく耳にする仮死状態などからの生還ではありません。鞭で切り刻まれ、十字架に釘付けられ、槍で刺された人が蘇ったので …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 4月17日「蘇りの奇蹟」 はコメントを受け付けていません

4月10日「卒業証書」

 先月の30日から2泊3日で、牛山一家と次女が浪岡を訪れました。その時、素敵なサプライズが!食事の時、孫のかえながわたしに「卒業証書」をくれたのです。  「卒業証書 石川敞一殿 1945年9月6日生  あなたは東奥義塾高 …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 4月10日「卒業証書」 はコメントを受け付けていません

4月3日「Whyから始める」

 先進的な企業がブランディングやマーケティングに用いているゴールデン・サークル理論というものがあります。広告コンサルタントとして著名なサイモン・シネック氏が提唱し、信者とも呼ばれる熱狂的な顧客を獲得する企業の秘密を明らか …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 4月3日「Whyから始める」 はコメントを受け付けていません