ブログ


10月24日「福音の本質」

 先週の日曜日、礼拝のあとに高校生のY君を前に呼んで、彼の決心をみなさんと分かち合いました。特別に、彼を心にかけていた一人、コルドウェル・ジョンさんにお祈りをしていただきました。Yくんがイエス・キリストを信じ、洗礼を受け …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 10月24日「福音の本質」 はコメントを受け付けていません

10月17日「祈りに支えられ」

 先日、刑務所で聖書の学びをしているとき、ある受刑者の方が言いました。「自分はもうすぐ出所ですが、出てから先生の教会の礼拝に参加してみたいのです。オンラインで礼拝を中継したりしていますか?」答えはイエスです。「教会でも皆 …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 10月17日「祈りに支えられ」 はコメントを受け付けていません

10月10日「天使の働き」

 「天使たちは皆、奉仕する霊であって、救いを受け継ぐことになっている人々に仕えるために、遣わされている」(ヘブライ1:14)と聖書にあります。皆さんは天使についてどのようなで、理解を持っていますか?  天使は、新約におい …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 10月10日「天使の働き」 はコメントを受け付けていません

10月3日「主の子どもたち」

 先週の木曜日、いつもであればダビデ保育園で木曜礼拝をささげているところですが、9月中は休止でした。そんな話をしていると、息子が言いました。「お父さんに来てほしい!」幼稚園でのお誕生日会のことです。  コロナの影響でどち …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 10月3日「主の子どもたち」 はコメントを受け付けていません

9月26日「みんな特別」

 先週の木曜日、JCMNのサミットがオンラインで開催されました。このような集会は、通例であれば特定の講演者の話を聞いたりするものですが、私たちは「みんなが特別な人」ということで、「教会の本質に出会ってどうなったか、これか …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 9月26日「みんな特別」 はコメントを受け付けていません

9月19日「獄中からの賛美」

 先週、刑務所に行くと新しい方がクラスに参加されていました。新しい方が来ると必ず聞くことがあります。それは、どうして聖書を、あるいはキリスト教を学ぼうと思ったのですか、という質問です。今回の方はこうおっしゃいました。「賛 …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 9月19日「獄中からの賛美」 はコメントを受け付けていません

9月12日「祝福を生きる」

 毎日聖書を読み、聖書を語るために学び、聖書を生きようと祈り、聖書に従うべく自らを整える。そのような日々の中にいると、自分が御言葉と共に歩んでいるかのように錯覚してしまいます。  テレフォンバイブルの準備をしていた時、「 …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 9月12日「祝福を生きる」 はコメントを受け付けていません

9月5日「祈りの記念」

 子どもたちを連れて弘前公園に向かう途中、家の近くにある水門の急流を覗くと、まだ小さな鴨が2羽、流れの速さに負けて飛べない様子でした。遊んでいるのかとも思えたので、そのままにして公園で遊ぶことにしました。  小一時間が経 …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 9月5日「祈りの記念」 はコメントを受け付けていません

8月29日「証と疑問」

 月に一度の刑務所教誨では、現在5名の方々が聖書を学んでいます。毎回の質問コーナーでは、様々な質問があげられます。独身の方は、「一度好きになった女性と別れ、次に好きになった女性がいればダメなんでしょうか。」「酒や煙草は大 …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 8月29日「証と疑問」 はコメントを受け付けていません

8月22日「小グループのルール」

 先日、JCMNに連なる全国の教会の諸先生方と、小グループで大切なことは何かを考えました。セルグループを持つ、多くの教会ではいくつかのルールがあるようです。それは、「裁かない」「教えない」「秘密を守る」「相手を尊重する( …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 8月22日「小グループのルール」 はコメントを受け付けていません

8月15日「個々人の使命に」

 先週の礼拝後、定例の役員会がもたれました。そこで、リーダーたちに礼拝のささげ方について意見を求めました。  テーマは御言葉に対する応答でした。御言葉を皆で分かち合うための良い方法はないものかという議論がなされました。そ …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 8月15日「個々人の使命に」 はコメントを受け付けていません

8月8日「主の安息」

 「安息日を喜びの日と呼ぶこと」(イザヤ58:13)とすべく、モーセを通して十戒が与えられて以来、ユダヤ人は十戒の第4戒、「安息日を心に留め、これを聖別せよ」(出エジプト20:8 申命5:12)を命がけで守ってきました。 …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 8月8日「主の安息」 はコメントを受け付けていません

8月1日「悔い改めの日」

 先週の水曜日、刑務所長から表彰を受けました。私の他にも、篤志面接員、舞踊の師範、誕生会を企画している方々が表彰されました。  私以外の方々はすべて女性で、人生経験も多く、長きに渡って更生保護の働きに従事されてきた方々で …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 8月1日「悔い改めの日」 はコメントを受け付けていません

7月25日「共に」

 青森県にある教会の超教派ネットワークであるGospel Celebration Networkの祈祷会が二ヶ月に一度オンラインで持たれていますが、今回のメッセンジャーは私でした。  今回は一人の人を大切にする主の姿から …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 7月25日「共に」 はコメントを受け付けていません

7月18日「本当の自由とは」

 先週の祈祷会では、「真理はあなた方を自由にする。」(ヨハネ8章)の御言葉を分かち合いました。主イエスは「私は道であり、真理であり、命である。」とおっしゃいました。主こそ真理なのです。  まだキリストを知らない頃、自由と …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 7月18日「本当の自由とは」 はコメントを受け付けていません

7月11日「天国はここに」

 トマス・アクィナス(中世最大の神学者)以来の神学者と言われるカール・バルトに、「天国とはどのようなところですか?」と聞いた人がいました。それに対して、「あなたの嫌いな人もたくさんいるところです。」とバルトは答えたといい …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 7月11日「天国はここに」 はコメントを受け付けていません

7月4日「撒かれた種」

 25日の金曜日、いつもであれば東奥義塾の朝の講壇には私が立つのですが、その日は創立記念礼拝。なんと聖愛中高の教師であり、私たちの教会の神の家族、Sさんが御言葉を取り次いでくださいました。  礼拝が始まる前、塾長や宗教主 …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 7月4日「撒かれた種」 はコメントを受け付けていません

6月27日「恐れない!」

 今年は阪神タイガースの調子が良く、この強さは本物だ、と思わせるようなシーズンを送っています。阪神は昨年のドラフト会議で、4球団競合の末、近畿大学から佐藤輝明選手を一位指名で獲得しました。  遠くに飛ばす力がある、スケー …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 6月27日「恐れない!」 はコメントを受け付けていません

6月20日「父なる神の目線」

 妻が自動車教習所に通い始めて一ヶ月近く経ちました。妻が不在の時には、子どもたちと一緒の時を過ごすチャンスです。  先日はパエリアを作りました。いつもは簡単に炊飯器で作るのですが、今回はフライパンで挑戦してみました。   …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 6月20日「父なる神の目線」 はコメントを受け付けていません

6月13日「終息への祈り」

 6月10日(木)午前中の東奥義塾の理事会が終った後、妻と一緒に石澤医院にワクチン接種に出かけました、思ってみたこともない後期高齢者となり、四捨五入すると80歳!ただ驚くばかりです。まだまだ若いつもりでいても、あらゆる意 …続きを読む

Posted in 156センチの視線 | 6月13日「終息への祈り」 はコメントを受け付けていません