ブログ


2月14日「御言葉に導かれ」

 Iさんという方が6日の土曜日に教会においでになられました。12月の講壇交換の日に弘前西教会においでになられたとのこと。わたしの許容量の狭い記憶の中からは探し出せませんでした。  「お礼と言ったらいいのでしょうか?寄付と …続きを読む

2月7日「弟子の派遣」

 いつも教誨師の働きのためにお祈りくださり、心から感謝いたします。  先週、出所を控えたお一人の受刑者の方のために、刑務所内の聖書クラスの参加者全員で祈りをささげました。  祈り終わったあと、私はその方に感謝をお伝えしま …続きを読む

1月31日「十字架と永遠の命」

 先週の前半は暖かい日が続き、駐車場の雪はほとんど溶けてしまいました。厳しい冷え込みと大量の雪、その後始末に追われているときには「何でこんなところに住もうと思った人がいたんだろう。」と不思議に思いますが、時折訪れる暖かい …続きを読む

1月24日「変化と成長」

 最高気温が氷点下という、津軽地方でも珍しいくらいの大寒波がひとまず過ぎ去って、その爪痕が明らかになってきました。  教会前の道路では、水道管が破裂したようで、2日間にわたって穴を掘るなど結構な大工事をしておられました。 …続きを読む

1月17日「主に用いられて」

 大寒波の影響で、初めてだった除雪機の操作もプロ級になりました。時間はかかりますが、とても楽チンで、唯一の問題は指先が凍傷になりそうなほど冷えることだけです。というのも、ほとんど身体を動かさないからです。  私たちの教会 …続きを読む

1月10日「あおいくま」

 今年の浪岡の雪は「もの凄い!」の一言に尽きます。12月中だけで、昨年の総積雪を遥かに超えています。弘前に行くと、「ワー なんもね!」です。1週間共に過ごした牛山家の「めごこ」たちと別れた次の日は、今年最初の祈祷礼拝でし …続きを読む

1月3日「主の確かさ」

 あけましておめでとうございます。  例年であれば、父が川崎から来たり、私たちが里帰り上京したりというシーズンですが、今年はコロナウィルスの影響でそのようなことができませんでした。おそらく、皆様の中にも、同じような境遇の …続きを読む

12月27日「体験型クリスマスプレゼント」

  いよいよ駐車場が整備されました。このところの大雪で、いつになったらできるのかと焦りつつも、ワクワクしていましたが、ようやくの完成で、ついに除雪機も導入です。  除雪機導入に先立って、連日の雪かきを手作業で行っておりま …続きを読む

12月20日「キリストの憐れみ」

 連日の雪で、早朝から雪かきに精を出し、日頃の運動不足がたたったのでしょうか。水曜日に体調不良になり、発熱しました。その日も雪が降り続き、凍えるような陽気であったこともあり、祈祷礼拝をお休みしようと考えました。  いつも …続きを読む

12月13日「日本のクリスマス秘話」

 今日は日本のクリスマスについて…。キリスト教伝来は、1549年ですが、その3年後に最初のクリスマスが祝われています。1552年、ザビエルの後を受け、山口で布教活動をした、コメス・デ・トルレスらが、司祭館に日本人信徒を招 …続きを読む

12月6日「闇の中の光」

 アドヴェント(待降節)に入りました。キリストのご生誕を祝うクリスマスまであとわずかです。教会の新たな一年が始まっています。  今、世界中が願っているのは新型コロナウィルスの終息ではないでしょうか。終わりの見えない苦悩の …続きを読む

11月29日「神の眼差し」

 息子や娘と一緒に寝るとき、一人で寝るよりも寝不足になりがちです。なぜなら、あっちこっちと動くからです。まるで時計の針のように、一回転してみたり、布団を蹴飛ばし、お腹を出しているために、布団をかけ直してあげなければなりま …続きを読む

11月22日「今ここに」

 先日妻に、「5年になるね!」と言われ、やっと気づきました。2015年11月15日は浪岡教会の現会堂献堂の日でした。あれから早くも『満5年』の月日が経ちました。時の速さ以上に、神様の守り、導き、祝福が心いっぱいに広がりま …続きを読む

11月15日「導きに従う」

 先週、ある方から献金が届けられました。実は、最近その方と手紙のやり取りをしていたのです。きっかけは、その方が私たちの教会のホームページからメッセージの動画を見てくださったのがきっかけでした。  以前から、私は筆無精でし …続きを読む

11月8日「再会の約束」

 先週の水曜日、祈祷会の準備をしていると電話がかかってきました。祈りの人、清水広子さんが天に召されたという知らせでした。  清水さんは、復活のキリスト教団東京教会に通っておられました。私が将来牧師になるように祈ってくれて …続きを読む

11月1日「どんな人であっても」

 先週、プロ野球のドラフト会議がありました。ここ数年、ドラフト会議の日にきまって放送される「お母さん、ありがとう」という番組が定番化してきているようです。そのタイトル通り、主役は指名を待つアマチュア選手と彼を支えてきた母 …続きを読む

10月25日「切なる祈り」

 弘前市で新型コロナウィルスの感染者が日々確認されています。当初、クラスターの発生源となった飲食店はでは体調不良を訴えた方々がいらして、保健所に問い合わせたそうですが、検査には至らなかったそうです。その時検査をしていれば …続きを読む

10月18日「プロの技」

 先週から隣接する家屋の解体工事がスタートしました。想像していた解体工事は重機が来て家を壊し、すぐに終了するものでしたが、工期が10日前後かかると聞いて驚きました。  始まってみると、作業員の方々が手作業で家の建具を取り …続きを読む

10月11日「神の国に転居」

 実は、このコラムを書くのは、この下の絵を描くのと同じく、極めてストレスフルな作業です。今回も本当に困っているというのが実情です。ただ、わたしの唯一出来ることは、始めたことは途中で投げ出さずに続けることです。一種の強迫観 …続きを読む

10月4日「信仰をもって」

 隣接地の内部からすべてのものが運び出されました。土地と家屋を売り渡していただく際に、「中にあるものはすべて処分して構いません。」と伺っていました。もちろん、以前の所有者の方が貴重品などをすべてお持ちになった上で、です。 …続きを読む