宣教


12月4日「希望の源」

ローマ15:1~6  希望は聖書に記された神の言葉が与えてくれる重要な要素です。私たちは信仰と希望、そして愛によって生かされています。  しかし、なんと聖書で一番最初に希望という言葉が出てくる時、それは「希望はありません …続きを読む

Posted in 宣教 | 12月4日「希望の源」 はコメントを受け付けていません

11月27日「神を仰ぐ時」

歴代誌下20:1~19  人生における絶体絶命は一度きりではありません。それこそ、山あり谷あり。それが私たちの人生です。主イエスはおっしゃいました。「あなたがたは世にあっては艱難がある。しかし勇敢でいなさい。私はすでに世 …続きを読む

Posted in 宣教 | 11月27日「神を仰ぐ時」 はコメントを受け付けていません

11月20日「天への手土産」

マルコ13:32~37  主イエスは世界の終わりについて弟子たちに説明されました。当然のように、弟子たちはその日その時はいつなのか、気になりました。しかし、主はお答えになりました。「知らない」と。  主は大事なことを教え …続きを読む

Posted in 宣教 | 11月20日「天への手土産」 はコメントを受け付けていません

11月13日「新しい時を生きる」

箴言29:18   ローマ12:9-21  幼い時、「幻のない民は滅びる」と記憶した聖書が今日では、「幻がなければ民はちりぢりになる」と訳されています。どの訳も大切な真理を示唆します。  使徒言行録をたどると、キリストに …続きを読む

Posted in 宣教 | 11月13日「新しい時を生きる」 はコメントを受け付けていません

11月6日「まことの糧」

ヨハネ6:34~40  主イエスは男だけでおよそ5000人もの人々を、5つのパンと2匹の魚だけでお腹いっぱいにしてみせました。これは素晴らしい奇跡です。人々は、「この人についていけば、食べ物に困ることはないだろう」と予測 …続きを読む

Posted in 宣教 | 11月6日「まことの糧」 はコメントを受け付けていません

10月30日「ゆるすこと、ゆるされること」

マタイ18:21~35  イエス様が語られた1万タラントンの借金を帳消しにもらったのに、100デナリオンの借金のある仲間をゆるさない家来のたとえ話は、罪の赦しと借金の免除が比喩的に結ばれているところす。ここでは、デナリオ …続きを読む

Posted in 宣教 | 10月30日「ゆるすこと、ゆるされること」 はコメントを受け付けていません

10月23日「恵みによる成長」

IIペトロ3:8~18  霊的成長。この言葉は多くの教会で唱えられ、多くの牧師や信徒が挑戦し、数多くの書籍でテーマとされてきました。  子育てのプロが講演会を開いて、目からウロコの子育て論を展開し、多くのパパやママが感動 …続きを読む

Posted in 宣教 | 10月23日「恵みによる成長」 はコメントを受け付けていません

10月16日「神により頼む」

雅歌 8:5~7  荒野とは、道もなく、植物も育まれない死の世界です。そこでは、明日のために素晴らしい計画を立てたとしても、明日が訪れる保証はありません。しかし、私たちに明日は見えなくとも、明日が見えているお方に寄りかか …続きを読む

Posted in 宣教 | 10月16日「神により頼む」 はコメントを受け付けていません

10月9日「祝福を生きる道」

創世記19:26  フィリピ3:12-14  幼いころに教会学校で、「ソドムとゴモラの町」が硫黄の火をもって滅ぼされる時、「決して後ろを振り返るな」と神様に言われました。が、ソドムの町が滅ぼされた時、ロトの妻は振り返り「 …続きを読む

Posted in 宣教 | 10月9日「祝福を生きる道」 はコメントを受け付けていません

10月2日「神の世界」

Iペトロ1:20~25  エタニティ、アイオーン、エテルネルマン、エーヴィヒ、ヨンウォン、永遠。世界中に「永遠」という言葉のない国はないでしょう。では、その国々では、国内に永遠に存続する場所でもあるのでしょうか。とんでも …続きを読む

Posted in 宣教 | 10月2日「神の世界」 はコメントを受け付けていません

9月25日「生涯現役の恵み」

申命記34:5~12  主の僕モーセは120歳で天に召されますが、最後まで、目はかすまず、活力もうせてはいませんでした。つまり老衰で亡くなったのではありません。モーセは「主の命令によってモアブの地で死んだ」と不思議な書か …続きを読む

Posted in 宣教 | 9月25日「生涯現役の恵み」 はコメントを受け付けていません

9月18日「神の霊に導かれて」

創世記12:1~4  霊性(スピリチュアル)ということばの本来の意味は、ラテン語のスピリトゥスに由来し、「息」という意味と、「霊感」という意味の二つの意味があります。それぞれが欠かせないものとして捉えられており、天地創造 …続きを読む

Posted in 宣教 | 9月18日「神の霊に導かれて」 はコメントを受け付けていません

9月11日「原点に帰って」

箴言1:7   1コリ1:18-33  ユダヤ人の信仰であった聖書(旧約)が、今や、新約と共に、全世界の救いの出来事、信仰となったのは、イエス・キリストの十字架を通してでした。「ボタンの掛け違い」という言葉があります。最 …続きを読む

Posted in 宣教 | 9月11日「原点に帰って」 はコメントを受け付けていません

9月4日「常識破りの愛」

マタイ20:1~16  聖書の「旧約」「新約」が「旧訳」「新訳」ではない理由をみなさんはご存知かと思います。そうです、これは契約の「約」です。神との新しい契約が、主イエスの十字架によってもたらされたからです。  ところで …続きを読む

Posted in 宣教 | 9月4日「常識破りの愛」 はコメントを受け付けていません

8月28日「あきらめないで」

イザヤ40:27~31 ローマ10:9~11  暑い時に「暑い~」と口にし、寒い時に「寒い~」と口にする。そうすると、余計にしんどくなる時はありませんか。  主イエスは「あなたの信じたとおりになる」とおっしゃいました。預 …続きを読む

Posted in 宣教 | 8月28日「あきらめないで」 はコメントを受け付けていません

8月21日「すべてを神に」

ヤコブ5:13~20  ヤコブの手紙は、信仰義認のキリスト教の中でも、異彩を放つ書簡です。この書簡は初期キリスト教会の礼拝で会衆が合同で読んでいたものとされています。当初、この書物を聖書に入れるかどうかの議論がなされまし …続きを読む

Posted in 宣教 | 8月21日「すべてを神に」 はコメントを受け付けていません

8月14日「愛のハーモニー」

箴言11:13  フィリピ4:8-9  あの、キリスト者迫害の急先鋒、ステファノの殺害に立ち合い、クリスチャンを絶滅させるために「殺害に息を弾ませながら」探し回ったサウロとは思えない、柔軟な魂を感じさせる言葉です。「これ …続きを読む

Posted in 宣教 | 8月14日「愛のハーモニー」 はコメントを受け付けていません

8月7日「障壁を超えて」

マルコ2:1~12  昨今、孤独や分断という言葉が社会の抱える問題点として指摘されています。主イエスの時代にも、分断と孤独の中で、生きづらさを抱えている方々が多く存在していました。中風の人もその一人でした。  しかし、彼 …続きを読む

Posted in 宣教 | 8月7日「障壁を超えて」 はコメントを受け付けていません

7月31日「贖いの代償」

民数記3:44~48 出エジプト記を読むと、今日の聖書箇所で登場する273人の長子は死ななければならない状況であることが分かります。そころで、神さまは273人を犠牲にするのではなく、彼らの罪を許し、彼らの命の代わりに5シ …続きを読む

Posted in 宣教 | 7月31日「贖いの代償」 はコメントを受け付けていません

7月24日「荒れ野からのスタート」

イザヤ32:15~20  「過去と他人は変えられない」というのが精神医学から出た結論で、一般的になっている考え方でしょう。どんな人が聞いても「なるほど」と納得できそうな内容です。しかし、聖書は言います。神の霊が降ると人は …続きを読む

Posted in 宣教 | 7月24日「荒れ野からのスタート」 はコメントを受け付けていません